フランスワインの歴史
アルザス の 歴史

 

 

アルザスの歴史の概略と共に、そのエピソードを別ページ(目次)にした。

この地の葡萄栽培は、ローマ時代に始まったことは確かだが、6世紀末の民族の大移動が終わり、定住確立後、広大な司教区と修道院の領地の創設がその発展の基である。

中世の主要交易路であるライン河に近接しているアルザスは、ライン河を通じ、下流域各地や更にハンザ同盟諸都市とワイン交易を活発に行い、 スカンジナビア半島やイギリスまで、そのワインを輸出していた。

その絶頂期は16世紀だが、17世紀に入って起きた30年戦争(1616~48年)によって、アルザスの葡萄栽培とワイン交易を徹底的に荒廃した。 しかし、国際都市ならではのズトラスブルグの復活が原動力になって、18世紀中葉には、アルザスの葡萄栽培は奇跡的に復興する。

 

フランス革命後のアルザス
フランス革命は、アルザスには悪影響を与えた。広大な教会の領地の解体と共に、ライン河を利用した伝統的販路が閉ざされ、そらが並酒の生産に向わせ、輸出は半分に急落。 加えて、南フランスのワインとの競合の時代に突入して行くのである。

1871年、ドイツ帝国に併合されたアルザスのワインは第一次大戦終了まで、地方での消費とドイツワインの改良に充てられた。

1918年フランスに復帰したアルザスは、その後のナチス支配など再三に渡る困難な時代を凌ぎ、優良品種の再植と、平地から丘陵への転地を行い、高品質のワインを造り、ライン沿岸、ベネルックス、イギリス、デンマークに、中世以来の市場を持つことになるのである。
帰属をめぐるフランスとドイツの争いによる葡萄畑の特徴
アルザスは、その帰属をめぐるフランスとドイツの激しい争いの歴史に揉まれ、幾度かフランスとドイツの間を往復してきた。 その波瀾に富んだ歴史の推移が葡萄栽培にも大きく影響している。

葡萄畑が大勢の所有者に細分化されているのは、紛争が頻繁だったことによる。13,000haの畑に8,000人前後の所有者と言う極端な細分化(平均10アール前後)の現状は、耕地の整理統合や再編成を不可能にしている。

しかし、アルザスの人々は、この歴史的激動を、共同組合の機能強化に繋げ、現在は、これにネゴシアンと個人経営者を加え、製品の商品化に関し平等のパートを分担すると言う体制を固め、アルザスワインの更なる発展に努めている。

 

目次
1. 修道院の財政と葡萄栽培
アーロン女子修道院の中世の記録を基に、葡萄栽培がもたらすその豊かな財政を読む。
2. 中世アルザスのワイン商人の活躍と都市の発展
中世のアルザスにおけるワイン商人の活躍を領主・教会との関係を含めて語る。
「グルメ」と言う言葉の起源も探る。
3. 30年戦争とアルザスワイン
30年戦争によるアルザスワインの衰退と奇跡的復活を語る。
4. アルザスゆかりの文化人
クーテンベルグ, パスツール, シュヴァイツアー, ゲーテを語る。
5. アルザス語
蔵持不二也氏の著書「ワインの民族誌」から「アルザス語」について抜粋と本の紹介。
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved