フランスワインの歴史
ブルゴーニュ・ローヌの歴史

 

巡礼-サンチャアゴ・デ・コンポステーラ

 

Compostela

中世時代から今日まで、西欧各地からの巡礼者の辿る道に、スペイン北西端のサンチャゴ・デ・コンポステラに向かう巡礼路があり、世界遺産にも登録されている。ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地に数えられている。

伝説によると、ヤコプはスペインのガリシア地方に伝道に赴いたことがあった。その地異で教徒の迫害にあったためいったんパレスティナヘ帰還した。ところがヘロデに捕らえられ、斧で頭を切り落とされた。弟子たちが遺体を小舟へ運ぶと、天使が舞い降りて舟を導き、はるばるスペインの西端のサンチャアゴまで運ばれた。そこに弟子たちは遺骨を埋葬した。
813年、その遺骨が発見された。これを記念して墓の上に大聖堂が建てられ、霊験あらかたな聖地として広く伝えられるようになって行ったと言う。

lin

11世紀には、全ヨーロッパ、ことにフランスを中心にして、巡礼は中世を彩る広範な民族的行動になる。上は帝王から下は庶民にいたるまで、分相応の犠牲をはらって巡礼の旅に出た。12世紀には年間50万人を超えた。

こうした巡礼の広がりは、聖遺物崇拝によるところが大きい。イエスはもとより、聖人の遺骨や遺品には、病や不幸を振り払う霊力を持つものとして珍重されていたから、各地の僧院や修道院をまわり、その聖遺物に触れ祈り奇跡を願った。

また、巡礼者を庇護(どんなに粗末なものであったにせよ寝床と食事-パンとワイン-を与えた)する事は僧院や修道院の義務でもあったから巡礼者は身分を問わず温かく迎えられた。同時に、当時イベリア半島を支配していたイスラム勢力へのレコンキスタ(キリスト教国回復運動)も伴っていて、キリスト教国の諸王もまた、巡礼路の整備や巡礼者の保護に努めた背景があった。

 

サンチャゴ・デ・コンポステラ

 

lin

 

全フランスを通して四つの大巡礼路が形成された。
ひとつは、オルレアンを出発点としてトウール、ボルドーを経てパイヨンヌの少し東のオスタバ経由でスペインに入るトウールの道。ボルドー・ワインの中心地のひとつサン・テミリオンは、この巡礼路の宿場町として繁栄した街のひとつ。ポムロールのワインのシャトー名に巡礼にちなんだものが多いのは、そうした由来からでもある。トゥールには、葡萄栽培者守護聖人「聖マルタン」 のマントの聖遺物があることで有名。

二つ目は、ヴェズレーから始まって、サン・レオナール、リモージユ、ペリグーを通りオスタバに合流するサン・レオナールの道

三つ目は、リヨンの西のル・ピュイから始まって、コンク、モアサックを通ってオスタバに合流するル・ピュイの道

四つ目は、南仏プロヴァンスのアルルを出発点として、サン・ジル、モンペリエ、トゥルーズ、オーュを通り、ピレネーを越えてスペインに入るサン・ジルの道である。この道の夜空には東西に「天の川」の銀河が眺められ、巡礼の道を指し示す道標として「le chemin de Saint Jacques(サン・ジャックの道)」と中世から語り継がれてきた。

当時巡礼者たちは最小限必需品を入れるずだ袋を肩に掛け、巡礼者であることを示す杖をたずさえていた。ローマヘの巡礼者は聖ペテロの象徴の”鍵”のマークを付けたが、サンチャゴ・デ・コンボステラヘの巡礼者は”帆立貝”の印を付けた。帆立貝はフランス語で「コキーユ・サン・ジャック」つまり聖ヤコブを意味していたのである。

 

Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved