フランスワインの歴史
ブルゴーニュ・ローヌの歴史

 

フィロキセラ・・・・Phylloxera

1850年代末にアメリカ原産の葡萄の苗とともにヨーロッパに渡った害虫(学名:フィロキセラ・パスタリクス)。

1863年、先ずローヌ河畔の葡萄畑に被害が出はじめ、後はまたたく間に各地に伝播して、フランスは約20年間に100万ヘクタールの葡萄畑が破壊される。 そして1870年にはオーストリアヘ、1883年にはイタリアヘ、さらに1895年以降には北国ドイツにまで拡がり、葡萄畑に大きな被害を与え、所によっては壊滅寸前にまで追い込まれた。

葡萄栽培とワイン産業は、混乱し危機的状況を挺し、国は救済方法を発見した者に、莫大な報償金を約束した。
フィロキセラの幼虫は微細であるため、最初は昆虫であることすら分からなかった。成虫になると羽が生えて、ウンカのごとく飛散するから、被害の伝播のその速度と拡がりはまたたく間であった。 この幼虫は、には寄生しない。に寄生し、葡萄の樹をまるまる1本枯らしてしまう。
最後に見出された解決策は、この害虫に抵抗性のあるアメリカ系の台木にヨーロッパ系の葡萄を接ぎ木する方法だった。最初は、野卑なブドウの血が高貴なヨーロッパ種の血を汚すと信じていた人が多かった。(ブルゴーニュでは、1887年まで、事態の深刻さに余儀なくされるまで、この接木を公式には禁止していた)

結局、他に有効な対策が無かったため、この接木作業がフランス全土で進められた。そして、19世紀末には、この被害を克服する。 この作業には莫大な費用が掛かった。収穫は数年ゼロ(少なくても5年くらいはまともなワインは造れない)だから、その経済的負担に耐えかねて没落していったワイン産地が少なくない。
ワインの味が変わってしまったのではないかと思われるが、飲み比べた経験者がその違いを明確に記述したものはあまりない。

現在、すべての葡萄は、この接木を使っているが、シャンパンのボランジェ社は、この接木をしない古木をわずかばかり育てていて、別格特醸のシャンパンを造っている。 身近なものでは、チリのワインはフィロキセラ以前のブドウの樹を使っている。が、味の違いは、樹がフィロキセラ以前が以後かと言う見地からは決められない。

 

 

lin
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved