フランスワインの歴史
ブルゴーニュ・ローヌの歴史

 

ローマ時代のワイン交易路と葡萄栽培

古代において、ワインを輸送するのにはアンフオーラ(素焼きの壷)が用いられていた。(樽の使用が一般化するのは紀元後2世紀) 
このアンフオーラの出土する破片によって、ガリアのワイン交易ルートが分かっている。
ひとつはナルーズ峠を経て船でガロンヌ河を下りボルドーに到達するルートで、そのボルドーは海上路によってイギリス及び北方の国と繋がっていた。
もうひとつのルートはローヌ河、ソーヌ河、モーゼル河、ライン河を経て直接北海に出るものだった。

ローマがガリアのナルポンヌ地方を属州とした頃(紀元前120年頃)には、葡萄栽培は、地中海沿岸に広がったものの当時の品種が寒冷な気候に耐えられるものではなかったから、地中海性気候の影響を受けない地域の外にまで広がっていくことはなかった。

ワインを求める北方の市場へ輸送費を節約しようと、古代のぶどう栽培者たちはワインの運ばれる主要な輸送経路に沿って、出来る限り栽培地を北へと伸ばしていったが、その北限は、ローヌ河沿いのコート・ロティやエルミタージュとタルン川の航行可能な地点にあるガイヤックのぶどう畑で、時期は紀元前後であった。

しかし、「ローマの平和(紀元前1世紀末~200年間)」確立後、農業技術が進歩すると、寒さや湿気に強い新しい品種が作り出され、ぶどう栽培の北限は数百キロ北へ押し上げられ、その結果として、現在ぶどう畑が見られる緯度にまで達することができたのである。

 

amphora

 

lin

 

古代から中世のワイン産地と交易河川 & ピノ・ノワールとカベルネ・ソーヴィニオン
古代から中世のワイン産地と交易河川地図

ピノ・ノワール

ドーフィネ地方のヴィエンヌにいたアロブロゲス族が作り出したと考えられているために、「アロブロジック-allobrogique」と呼ばれる新しい品種のひとつは、コート・ドール地方の優良なぶどう畑を覆う現在のピノ種の持つ長所に似た特質を備えていた、とされている。
この品種によってガリアの北東地方の厳しい気候の下でも高品質のワインが作れるようになった。(プリニウス「博物誌」)

カベルネ・ソーヴィニオン

ほぼ同じ時期に、コルメラの証言によれば(3巻、9)ボルドーのビトゥリゲス族は遠方から(おそらくはスペインから)ある品種を取り寄せ、自分たちの土地の気候に合わせて改良を施した。
大西洋の突風にもよく耐えるものに改良されたこの品種のおかげで、大西洋からあまり離れていないガロンヌ河の両岸にも偉大で見事なぶどう畑が広がるようになったのである。 4世紀にはその名声はボーヌやニュイの丘のぶどう畑の名声に勝るとも劣るものではなかった。

このように、ブルゴーニュとボルドーというフランスのワイン用ぶどう栽培を支える二つの柱は、ローマ帝国の初期にすでにしっかりと打ち立てられたのである
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved