フランスワインの歴史
ロワール古城歴史散歩

 

アゼ・ル・リドー・・・・財務官の妻の館

アゼ・ル・リドーの城は、ロワール河の支流のアンドル川の中洲に建っている。バルザックは、「風流滑稽譚」に書いている。

「美しいトゥレーヌに於いても、この城などは最も美しい、雅な、愛くるしい、凝ったお城の一つで、離れ屋や、薄紗の窟や、兵隊は皆さうだが、風のまにまに廻る風見のついた可愛らしい兵隊人形などに飾られて、公侯の想ひ女といった優姿を、今も昔に変らずアンドルの河波に洗はせている」と。

この華麗な城館は、16世紀の前期、トゥール市長で、フランソワ1世の財務官だったジル・ベルトロによって築かれた。
彼の妻フイリップ・レスバイが、工事の実際は指揮したから、全体に女性的な優雅さが漂っている。様式はゴシックからルネッサンスヘの過渡期を示している。 本来は防禦用の装備である四隅の円塔や銃眼なども単なる装飾となっている。堀に映る姿が特に美しく「ロワールの真珠」と呼ばれている。

華麗な城館がほぼ完成に近づいた頃、ベルトロー同様国王の財務官をしていた従兄弟サンプランセが公金横領の疑いで逮捕され、有罪の判決を受けて縛り首にされたのだった。
その頃の徴税方法が徴税人の裁量によるところ多分にあったから、私腹を肥やすことがまかり通っていた。国王の信頼という後ろ盾を失えば、直ちに失脚。私財蓄えの罪で断罪されるのも常だった。

ベルトローは、従兄弟サンプランセ同様、いやそれ以上の私腹を肥やしていたから、身の危険を感じ、せっかく出来上がりかけていた城館も何もかも捨てて、当時はまだフランス領ではなかったメッスに亡命した。
サンブランセやベルトローから借金をしていた貴族たちは、少なくなかったから、借金が棒引きになる彼の逃亡を喜んだに違いない。

 

lin

 

その後、アゼ・ル・リドーの城館は国王フランソワ1世に没収され、国王の警護隊長が後を任されて工事を完成させた。 館内の暖炉の上に、フランソワ1世の紋章である「火とかげ」が大きく浮き彫りになっているのはそのためである。

(バルザックは、ベルトローでは無くは、従兄弟サンプランセの方が築城者だと「アゼェ城由来記」では記している)

 

 

官売制と法服貴族
中世末期から、富を蓄積した大商人(ごく一部のブルジョワでしか過ぎないが)は、国王の重税から仲間である都市市民を擁護する有力者として、王政に抵抗もするが、同時に、土地を買って地主になり、王族に多額の金を貸付けたり、税の徴収を請負ったりして、官職に着き、王側の立場で働く者が出てくる。その中から、実務に秀でた者が貴族に叙せられることが起きてくる。

国王の側でも、国土が広がり経済活動が盛んになるに従い、多くの役人を必要とした。役人の数が増加するにつれて財源にも困り、官職を売ることを始める。(貴族は、名誉こそ重んじるが、実務は、からきしだめな者が殆どだから) 1483年の財務官職の「売官制」を皮切りに、やがて行政、司法、軍務など殆ど総ての官職にこれを拡大して行った。 (徴税請負は王に税を前払いをして、それに徴収手数料を上積み(3割からひどいときは同額)して、王権を後ろ盾に、徴収するやり方だから、常に私腹を肥やす温床になった)

売官制は王政にとっては、手早く国庫収入を増大させるものだったが、同時に、新興ブルジョワジーを国家の運営に参加させ、従来の貴族層の力を削ぐ効果をも持っていて、王権の強化にも繋がった。

1604年からは、官職は購入者にとって転売や相続することができる資産ともなつた。官職の保有は直接の報酬の外に、謝礼や賄賂を伴い、更に、社会的な「箔と信用」をもたらした。そのため、官職購入は権威と利得を同時に手にしうる有利な投資であり、金のある商工業ブルジョワは競って官職を買った。 その数は、1515年には約5,000人だつたが、ルイ14世の親政の始まる1661年には、約50,000人弱に増加し、その後も増え続けた。

「高等法院評定官(裁判官)」のような幾つかの上級官職は、その保有者に貴族の資格が与えられたから、幾代もかかって官職を次々に買い換えて、この職に辿り着き、貴族に「成り上がる」ことも出来た。
官職保有によって貴族に叙せられた「成り上がり貴族」を、中世以来の伝統的な戦士貴族(「帯剣貴族」)に対して、「法服貴族」と言う。

フランスの歴史の中で、中世から近世に掛けて、その時の王を、特に財政的に支え、権力の中枢で活躍したのは、総てこの法服貴族だったと言っても言い過ぎではない。

・最盛期のブルゴーニューに於けるニコライ・ロラン
・ルイ13世のリシュリュー
・ルイ14制のコルベール
・思想界におけるモンテーニュとモンテスキュー
など、すべてこの法服貴族である。

Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved