フランスワインの歴史
プロヴァンス(フランス南部)の歴史

 

2つの海を結ぶ交通の要地:カルカソンヌ

ナルボンヌから、カルカソンヌを経てボルドー方面に向かう道は、古代から重要視されてきたルートで、ミディ運河も、鉄道も、高速道路も、総てこの天与の通路を通っている。ここの高速道路(23号)には愛称が付いている。「二つの海」。言うまでもなく地中海と大西洋を結んでいるからである。

カルカソンヌは、古くからこの通路を押きえる軍事上の要衝だった。 近世には、アラゴン王国の領土が現在のフランスの地中海沿岸の一部にまで及んでいたため、フランス王国の最前線基地でもあった。

旧市街は「ラ・シテ」と呼ばれ、小高い丘の上にある。城壁は内外二重になっており、内城壁には29の、外城壁には17の高い塔が立っている。城壁の西側にはカルカソンヌ伯の本拠だった城塞もそびえている。まさに中世の城壁都市が、昔のままに保存されている。
内城壁北側は、ローマ時代に築かれたもの。南側は、ローマ時代の城壁を元にして、その上下に中世の城壁が付け加えられた。 13世紀にルイ9世とフィリップ3世によって行われた補修と増築によるものである。外城壁を新設したのもこれら2人の王である。

地中海岸に近いベジエから、この辺り一帯に掛けての領主のベジエ・カルカソンヌ伯・トランカベル家が君臨したのは、1084年から1209年までで、カルカソンヌの全盛時代でもある。トランカベル家は、領民のために、アルビジョワ十字軍と戦い滅亡してしまう。

フランスで最も美しい中世の城壁と言われるこの歴史的文化財が保存されるきっかけは、19世紀に起こったロマン主義思想である。文学、音楽、美術、演劇、建築などの分野で古いものが見直され、古代・中世の建造物を保存しょうという動きが起こった。

「カルメン」の作者・プロスペル・メリメは、政府から歴史的文化財視察総監に任ぜられ、馬に乗って南フランスをくまなく見て歩いた。 そして1835年に「南フランスの旅のノート」を発表し、大きな反響を集めた。
これに呼応したのが、カルカソンヌの景観保存に生涯を捧げるようになった郷土史家・クロ・メイルヴィエーユである。 そして、中世建築の修復家として名高いヴィオレ・ル・デュックが政府から派遣され、1844年からラ・シテの城壁と伯城を修復保存する工事が始まった。

日本では江戸時代の天保の改革が行われた頃であるから、フランスがこの分野でいかに進んでいたかが分かる。

 

lin

 

アルビジョワ十字軍
中世、南フランスで盛んになった異端キリスト教は、プロヴァンスではワルド派、ラングドックではカタリ派(アルビの町が中心だったのでアルビジョワ派とも言う)と言われるもので、共に初期キリスト教に立ち返り、聖書の言葉を唯一の頼りにし、真摯な信仰生活を実行しようとするもので、ある意味では、当時の権威主義のローマ・カトリックより純粋であったと言える。

中世のこの時期は、西欧キリスト教各国の、国を挙げての十字軍運動の真っ盛りの時代で、異教・異端の排斥が時代の流れであった。その流れの中で、北フランスの騎士たちによって、異端征伐を名として、結成されたのが、アルビジョワ十字軍である。

アルビジョワ十字軍が、攻め寄せて来た時、カルカソンヌ伯自身はアルビジョワ派ではなかったが、領民と一緒になって抗戦した。 領民の多数を占めていたアルビジョワ派を見殺しには出来なかったし、正義の名を借りて、領地を切り取ってやろうという北フランスの騎士たちの野望を許すことも出来なかったからだ。
堅固無類の城壁都市を前にして、十字軍側は卑劣な策略をめぐらした。和平交渉の名の下に、カルカソンヌ伯を城外におびき出し、中世の騎士道にあるまじき信義(例え交渉が決裂しても、無事に相手を自陣に戻す)に反して捕らえてしまう。指導者を失ったため、さしも堅固なカルカソンヌも、わずか15日で陥落した。
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved