フランスワインの歴史
ボルドー&南西地方の歴史

 

ロスチャイルド家と葡萄園

ロスチャイルド家の創設者は、マイヤー・A・ロスチャイルド (Meyer Amschel Rothschild:1744~1812)。 ドイツのフランクフルトに生まれ、ユダヤ教の聖職者ラビになるための勉強をするが、親の死後、銀行に徒弟に出される。やがてユダヤ人地区に銀行を設立。裕福な伯爵ヘッセン・カッセル家のウィルヘルム9世の金融顧問になり、急速に富を築く。 その後、5人の子供が、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、イギリスの政商として、欧州の金融界を動かし巨万の富を築き、国際的な金融財閥となる。

ロンドン・ロスチャイルド家

創設者マイヤーの三男、ネーサン・マイヤー・ロスチャイルド(1777~1836)は、1805年、ロンドンにイギリス支店を開設。イギリス政府がナポレオン戦争の際、同盟国に移した助成金を管理し、融資する主要な役割を果す。
彼の「ナポレオン失墜をめぐる大ギャンブル投機」は悪名高い。その投機とはこう言うこと。彼は、ロスチャイルド家の持つ情報網で、ナポレオンのワーテルローの敗戦をいち早くキャッチ。が、下落しかかっていたイギリスのコンコル公債を投売りした。彼の売りで、「ワーテルローでのイギリスの負けをネイサンは知っている」と言う噂が飛び、公債は大暴落。ぎりぎりの底値まで落ち込んだころを見計らい、今度は公債を二束三文で大量買い。その後、勝利の知らせが伝わり、公債は一転して大暴騰。数百万ボンドの大儲けをする。

ネーサンの長男であるライオネル・ネーサン(1808~79)は、1875年、イギリス政府のスエズ運河の利権獲得に際し融資をおこなう。イギリス議会の最初のユダヤ人メンバーにもなる。ライオネルの息子は、男爵位につき、大英帝国でユダヤ人としてはじめての貴族になり、下院議員にもなった。

ネーサンのもう一人の息子ナサニエルが、1853年、シャトー・ムートンを112万フランで取得したのである。 1855年の格付けで2級の憂き目をかこつ理由は、変人・冷酷と評される父ネーサンの家系と国籍に対する反目にあったとも言われている。

このナサニエルの孫息子が、バロン・フィリップで、シャトー元詰め義務の提唱者であり、1973年1級格付けに昇格させ、ムートンを押しも押されもしない最高級ワインに押し上げた立役者。著名画家の画をラベルに起用したのも彼である。現在は一人娘のフィリピーヌが立派に後を受け継いでいる。

 

 

lin

 

 パリ・ロスチャイルド家
創設者マイヤーの5男、ジェームズ・マイヤー・ロスチャイルド(1792~1868)は、1817年にパリ支店を設立。その後、50年間フランスにおける最も強力な銀行家として辣腕を振るう。

彼は、かの有名なフーシェの邸宅を買って、フェリエールと名づけ、ヴェルサイユに次ぐフランス最大の美邸とし、文人芸術家のサロンにした。ここで繰り広げられる社交は絢爛豪華そのもの。当時の欧州の粋が集まった。この邸宅の美しい女主人ベッティに、ハイネは「天使」と言う詩を捧げ、アングルは肖像画を描き、ロッシーニは曲を作った。トラクロアやショルジュ・サンドも常連であった。
この豪邸は、ナポレオン、タレーラン、メッテルニッヒ、ナポレオン3世へと続く政治の裏舞台でもあった。饗宴の美食を司ったのは、歴史的料理人アントナン・カレーム。

1868年、シャトーー・ラフィットを450万フランで取得。
1820年代から、産業革命による経済変動や病虫害の災難で、古い地主は葡萄園を持ちきれなくなって次々と手放した。
スペイン系銀行家アグアドが買ったマルゴーは130万、ユダヤ人銀行家イザーク・ペレールが買ったパメルが42万だから、敵対する金融業者に対抗上、最高の葡萄園を手にしなければならなかったとは言え破格の価格である。

 

Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved