新世界ワイン の 歴 史
カリフォルニアワインの歴史

18世紀後期

南北アメリカの葡萄移植の起点になったのはメキシコ。その時期は、スペインによるメキシコ征服後の、1530年前後とと言われている。

フランシスコ派のスペイン人修道士たちは、現在のメキシコから「エル・カミノ・レア(王の道)」と呼ばれる道を北上しながら、当時、未開の地であったカリフォルニアに布教活動を行った。1769年、ユニベロ・セラ神父はサンディエゴにミッション(伝道所)を開き、そこで、ミサ用のワインを造るためにブドウ栽培を始めた。これが、カリフオルニアにおける最初のブドウ園。
栽培された葡萄は、俗に「ミッション=Mission(バイス種)」と呼ばれる品種である。

修道士たちはその後も北上を続け、ソノマに至るまで21のミッション(伝道所)を開き、カリフオルニア各地にワイン造りを伝えた。

 

19世紀中期…ゴールドラッシュ時代

1848年、メキシコ領からアメリカ領となったカリフォルニアで、金鉱が発見され、かの有名なゴールドラッシュが始まる。この時期、何万人という移民がカリフォルニアに押し寄せた。大半がヨーロッパ系の移民で、その中に、ワイン生産の知識を持った者もいた。

そのひとりがハンガリーの貴族・アゴストン・ハラスティ。彼はソノマ・ミッションの葡萄園を買い取り、ワイナリーを作ると共に、ヨーロッパから300種のブドウの苗木を輸入して葡萄栽培を普及させた。カリフォルニアのワイン造りを大きく飛躍する礎を築いたので、後に「カリフォルニアワインの父」と呼ばれている。

 

アゴストン・ハラスティ

 

20世紀初頭…フィロキセラと禁酒法

ヨーロッパで猛威をふるっていた害虫フィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)が、カリフォルニアにも蔓延するが、カリフオルニアワインに壊滅的な打撃を与えたのは、1919年に制定された禁酒法。

禁酒法の下では、販売目的のワイン製造はすべて禁止。宗教儀式用あるいは医療用として許可を受けたワイナリーのみに製造が許された。その結果、ほとんどのワイナリーが廃業に追い込まれた。

 

アメリカ禁酒法

lin

 

20世紀後期・・・技術革新の新しい時代へ
1933年には禁酒法が廃止された。ワイナリーの再建が徐々に進み、ブドウ栽培とワイン醸造のシンクタンクであるカリフォルニア大学デイビス校の研究指導により、1950年代にはそれぞれの土地に適したブドウ品種の栽培方法や醸造方法が確立されて、アメリカのワイン造りは「量」から「質」へと新たな時代に入る。 そして1966年、ロバート・モンダヴィがワイナリーを設立。ステンレスタンクの使用など、カリフォルニアの革新的で画期的なワイン造りが始まる。

安定した品質のワインを低価格で大量に供給することが求められていた1960年代、ぶどうは温暖で平坦なセントラル・ヴァレーを中心に栽培され、ワインは大規模なワイナリーによって醸造されたが、ロバート・モンダヴィに代表される高い志を持った生産者はより冷涼な気候を求め、ナパ・ヴァレーやソノマ・ヴアレーといった、太平洋に近い土地に畑を拓くようになった。

1970年代に興ったブティック・ワイナリーでは、シャルドネのスキン・コンタクトやオークの小樽内発酵、自然酵母での発酵や発酵前のピノ・ノワールの低温マセレーションなど、さまざまな実験が繰り返された。こうした試行錯誤によって取捨選択された技術は、1980年代に入って巨大ワイナリーにも取り入れられ、カリフォルニアのワイン醸造技術は世界最先端のものとなつた。

これに対し、ぶどう畑での変革が叫ばれるようになつたのは、新種のフィロキセラの発生によって、ぶどう樹の植え替えが不可避となった1980年代後半以降で、クローン・セレクションやキャノピー・マネージメント、リモーート・センシングといった最新のぶどう栽培技術が導入され、個々の区画に適したぶどう品種やクローン、台木が選択される一方、密植を行って1本のぶどう樹から収穫する果実数を少なくし、より風味の際立ったワインが生産されるようになつた。

特に、1988年のフランス政府との合意に基づき、公式にフランスのぶどう樹が輸入可能になると、ディジョン大学で選抜されたピノ・ノワールやシャルドネのクローンが苗木屋から直接入手可能となつた。これらのクローンから生まれた1990年代のピノ・ノワールやシャルドネの質は驚嘆すべきもので、特にソノマや北ではメンドシーノ、南ではサンタバーバラといった冷涼地域の斜面の畑のものは、最上のブルゴーニュのワインを脅かしつつある。

1990年代を通して、生理的成熟を遂げた、より糖度の高い果実から、よりアルコール度数の高い、インパクトの強い味わいのワインが造られる傾向にあったが、近年では、先端的な生産者が行き過ぎたこの傾向を見直し始め、よりデリケ一トでバランスの取れた、自然な果実の風味を尊重したワインづくりに向かいつつある。
20世紀・・・ワイナリーの近代化と最新技術の導入
チリのワイン造りは19世紀後半に大きく進歩を遂げたが、20世紀に入ってからは長い停滞の時期に入ることになる。その主な要因としては、1900年代初頭の酒税の増税や、1938年に施行された新アルコール法によって葡萄の新植が禁止されたことなどが挙げられる。また、第二次世界大戦中、農業機械や醸造機械の輸入が実質的に禁止されたことも、ワイン造りの技術的進歩を阻害する要因となった。

その後、チリのワイン業界に劇的な変化が訪れたのは、1974年。30年以上の長きに渡って葡萄栽培を制限してきたアルコール法が撤廃された。それによって、葡萄栽培が拡大され、ワインの増産が行われた。しかし、チリ国内のワイン消費が低迷する中でのこの急激な自由化と増産は価格の急落を生み、チリのワイン産業は存亡の危機に陥った。

この危機が、逆に、チリのワイン産業の体質を近代化させることになり、結果として、世界へと羽ばたくための重要なきっかけとなった。つまり、この時期、19世紀から続く大手ワイナリーは株式会社化を本格化させた。また、新興財閥グループに組み込まれる形で経営再建を図るワイナリーもあった。
加えて、葡萄栽培地としての適性を知った外国資本の参入も多く、地元の中小ワイナリーと共同でブティック・ワイナリーが創設されるなど、チリのワイン造りはビジネスとして著しい近代化を遂げていった。

同時に、新しい生産技術の導入も急ピッチで進み、発酵用のステンレスタンクや熟成用のオーク樽の使用が普及。その他ドリップ式灌漑システムが導入されるなど、栽培技術も進歩した。
こうしてチリワインの品質は飛躍的に向上し、「新世界ワイン」の一角として世界中の注目を集めるようになっていった。

1990年代以降、チリワインは年々海外市場でのシェアを拡大し、輸出先国も90ヵ国以上と目覚ましい成長を遂げた。わずか10数年で、ワインはチリを代表する輸出品(6億ドル)のひとつにまでになった。
特に近年では比較的安価なテーブル・ワインのみでなく、国際的なワインコンクールで高く評価されるようなプレミアム・ワインの生産が積極的に行われ、毎年のように有機農法を始めとする新たな試みが行われている。

 

パリ・テイスティング
Copyright © wine-jiten.com. All Right Reserved